記事一覧

ITサポートあきた交流会報告

日 時:7月19日(月)
場 所:北秋田市にて
参加者:MH・YH・AY・OM

Mの車に同乗し10時矢立峠道の駅にてS先生と合流、
11時頃会場の沢口公民館に到着、館長のNさんに挨拶。
秋田のスタッフのNさんに近くの公園を案内して頂きました。
お二人共、ITサポートあきたがバックアップしている
鷹巣パソコンクラブの会員です。

案内に辺り、今回の交流会のタイムスケジュールと
公園の説明文をワード文書で準備されてました。
おもてなしの心とパソコンの活用をミックスさせた
一石二鳥の準備に感心でした。

午後、公民館にて秋田の講座に参加。
内容は初心者向け講座3日のうち最終日。
文字入力の最後と、チラシ「夏祭りのご案内」を完成。
受講者は8名、秋田の参加スタッフはメインにS先生、
サブには鷹巣パソコンクラブの4名がつき、
私たちが飛び入りでフォローに入りました。

専門用語を排してできるだけ操作に 慣れるような説明、
受講生に寄り添い学ぶお手伝いというスタッフの姿勢の徹底、
あえてチラシにイラストを挿入し作品を完成させる達成感を
もってもらい一人一人作品を掲げて記念撮影というおもてなしの徹底。

講座修了後も参加者から今後の開催希望の声や
様々な質問が飛び交う和気藹々とした交流があり
終始笑顔の絶えない講座でした。

地元住民からなる鷹巣パソコンクラブが主体となって
講座を行い、ITサポートあきたがスタッフ研修などの
バックアップを行う形ですがクラブの方々の熱意と実行力が強い
印象を受けました。
その上で、終了後のミーティングにてスタッフのまずい点をきちんと
指摘する等、受講生の満足の為 講座を改善する点も忘れてはいけないと思いました。

また、スタッフの一人が病気の後遺症をお持ちですが
ゆっくり丁寧な説明できちんとサポートしておられました。
NPOが掲げる社会参加の理念を形にしている点を感じました。
様々な方の社会参加を促す、NPOとしての意義を再確認できた事は
とても参考になりました。

  今後の講座、そしてスタッフのさらなる向上を目指し
  いろいろと考えていきたいと思います。

  理事長 M
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itsiennetaomori

Author:itsiennetaomori
青森市を中心に、特にシニア層の情報格差解消およびITを通じての社会参加を目的として講座などの活動を行っています。
平成17年12月NPO法人として発足