記事一覧

8/31 インターネット安全教室 全国連絡会議に参加

どうも理事長です。

報告が遅くなりましたが、
先日8/31~9/1、東京品川にて
経産省と日本ネットワークセキュリティ協会(以下JNSA)が主催する
インターネット安全教室」についての
全国連絡会議および講師トレーニングが行われ、
北は北海道から南は沖縄まで23団体27名の参加、
支援ネットからは理事長1名が参加しました。

8/31品川フロントビル会議室で行われた全国連絡会議では
基調報告や活動紹介、各地の活動の中での課題や
今後の安全教室における官民の協力について話し合われました。

参加費無料で行われる安全教室ですが
会場費や人件費などの負担、宣伝手段に乏しいと言った課題を抱えておりますので
各団体の事例を今後の開催の参考にしていきたいと思います。


初めて知ったのが、この安全教室は始めてから10年になるということ!
昨今の国の事業に対する向かい風の中で、
セキュリティ啓発の社会的な意義が認められての事ですね。
というか、ネットの活用が広がるにつれ
ウィルスや迷惑メール、ワンクリック・フィッシング詐欺などの危険は引きも切らず
セキュリティソフトは決して万全ではないという前提の元、
使用者自身が事業者任せでなく自己防衛を常に心がける必要があります。

また、シニア層やキッズ層への端末の普及がより進むことから、
トラブルに備えて家族がネットの活用についてルールを決めると言った
コミュニケーションを常日頃からとっていくことも重要です。
そういった話を広く市民の皆さんへお伝えできるように
なるべく開催を考えていきたいと気持ちを新たにしました。

といったところで会議の報告でした。
ちなみに夜は懇親会。
各団体の方といろんなお話をさせていただきました。


講師トレーニングは別項にて。
以上です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itsiennetaomori

Author:itsiennetaomori
青森市を中心に、特にシニア層の情報格差解消およびITを通じての社会参加を目的として講座などの活動を行っています。
平成17年12月NPO法人として発足