記事一覧

チャレンジパソコン講座 H23.12月まとめ

「写真入年賀状を作ってみよう!」12月9日(金)10:00~15:00
参加者:15名、スタッフ:メイン1名、サブ4名
内容:午前 ページ設定で用紙サイズをはがきにしてテキストボックスを挿入。
      文字の大きさなどの編集をし、コピー、貼り付けで4個作って配置。
      それぞれのテキストボックスに写真を入れる。
      さらに「辰のイラスト」と下部の空白に「吹き出し」を挿入。
      昼食の休憩に入ったところでスタッフが印刷、配布。
   午後 エクセルで住所録を作り、「差し込み文書」から
      宛名面の作成をしました。

参加者は40代から80代までと幅広い年齢層でしたが、何度目かの受講者もおられ、
順調にに完成にこぎつけました。
「連名を!」という声で今回も説明することになりました。
納得の宛て名が完成し、笑顔で帰られた方、めげそうな方いろいろでしたが、
繰り返し学ぶことの大切さを思いました。
(報告:Y)


「パソコンにさわって見よう!」12月12日(月)10:00~15:00
参加者:5名、スタッフ:メイン1名、サブ2名
内容:午前 電源の入れ方から、ワード画面の説明、ローマ字入力で五十音まで。
      ワードを終了、パソコンの電源を切ってお昼休みに入る。
   午後 電源をいれ(復習)、アルファベットと数字の入力、
      促音、長音、拗音などが入った単語の入力。
      漢字変換を学んでカタカナ混じりの文章を練習し飾り罫線を入れて印刷。

パソコンの起動前にコンセントに入っているか、
マウスやACアダプターがきちんと差し込まれているか
確認しましょうという説明の後スタート。
ところが、途中で2台のパソコンのデスクトップが真っ暗になり、
あわててチェックしましたら
大元のコンセントが抜けていたことがわかりました。
受講者は器具類のプラグがコンセントから抜けていたらどうなるか
実体験できたと思います???
パソコンを持っておりませんという方もだんだんキーボードに慣れてきていましたし、
どんどん先を行って2ページにわたって打ち込んでいた方も
最後の飾り罫線に彩られた文書には喜んでおられた様子です。
アンケートでももっと続けたいという声が大でした。
(報告:Y)


「はじめてのパソコン」12月13日(火)~15日(木)各10:00~12:00
参加者:7名、スタッフ:メイン1名、サブ延べ4名
内容:1日目 パソコンの基礎知識・電源のつけ方・デスクトップの説明・
       マウスの操作方法・ウインドウの切替・
       文字入力(アルファベット・50音)・文書の保存
   2日目 単語入力・促音・長音・拗音・
       記号入力(そのままの入力・補助キーを使っての入力)
       短文入力・漢字入力・記号(変換操作)・文節変換
   3日目 前日保存した文書の開き、入力練習
       クイックアクセスツールバーについての説明・操作方法
       デスクトップ上にある文書を開きその一部を入力後、編集・
       ページ罫線の挿入・印刷

受講者の皆さまは入力もスムーズに進み、編集もそれほど戸惑う方もなかったようです。
アンケートの声にもありましたように
「何でも質問することができ、パソコンに対する苦手意識を変えることができました」
とのうれしい言葉をいただきました。
サブ3人で少しだけメインを体験しました。
今回は受講者数も7人と少なく雰囲気もファミリー的でしたので、
何とかできたような気がしました。
(報告:N)


「カレンダーを作ってみよう!」12月13(火)~14日(水)13:30~15:30
参加者:延べ17名、スタッフ:メイン1名、サブ4名
内容:1日目 ・基本的な表の作成方法
       ・表を作成後、ルーラーを使っての列幅と行の高さの変更
        表内の文字等の編集について
       ・2つ目の表はプロパテイを使っての行の高さの変更方法
        セルの結合等の編集、入力時の半角・全角切り替えのポイント
        クリップアートの挿入・移動等
       ・印刷
    2日目 ・1日目の復習
       ・テキストボックスを作成後、中にカレンダー部分の表を作成
        表に曜日と日にちを入力後、行の高さ・配置等の編集
       ・画像、ワードアートを挿入し 完成
       ・印刷
       ・印刷待ちの間、練習問題を操作

1日目 パソコン数台が印刷出来ず、USBを使用し講師のパソコンで印刷。
2日目 2~3台はスムーズに印刷が出来たのですが、
残りの印刷がなかなか進みませんでした。ケーブルを個々のパソコンに接続して
印刷して、時間内に印刷を終了出来ました。
今回の講座は印刷に手間取り、終了間際は少しバタバタしましたが、
ケースに自分の作成したカレンダーを入れ、楽しそうにしていました。
また来月の講座 「エクセルで絵を描いてみよう」の説明をしたら
皆さん興味を持たれたようで、次につながったのではと思います。
(報告:K)


「デジカメ写真を活用しよう!」12月16日(金)10:00~15:00
参加者:19名、スタッフ:、メイン1名、サブ5名
内容:午前 デジカメで写真撮影・カメラからパソコンに転送(カメラウイザードの操作)
      フォルダを作成し保存
      「映像とFAX」を起動させ写真の確認、編集、印刷(昼休みにスタッフで印刷)
   午後 Wordで写真を編集し、それを文書に貼り付けて編集
      「図の挿入・ワードアート・図の編集機能を操作して
      写真をウオッシュアウトに変更)
      図形から吹き出しを挿入
      保存・印刷

受講者の皆さま方の年齢は40代~70代と幅広かったのですが
デジカメ写真とそれを活用して文書を作るという講座の目的は達成できたようです。
ただWordを操作する場合「範囲選択」しないと何もできないということが
なかなか理解が難しかった方が結構いらっしゃいました。また、スタッフから
「講座の始まる前にプリンタのインクを確認した方が良いのではないか。
フォルダの作成を一つだけの操作方法で、確実に覚えられるようにした方が
良いのではないか」という意見がありました。
(報告:N)


「インターネットを活用しよう」12月21日(水)~22日(木)各13:30~15:30
参加者:延べ13名、スタッフ:メイン1名、サブ3名
内容:1日目 テキストの順序どおりに進みました。
   2日目 前日の復習から始まり、画像の保存の操作方法
       セキュリティについてをより詳しく説明・ウイルスソフトについての説明
     テンプレート・クリップアートのダウンロード操作方法

70代から60代の方が多かったのですが、操作もスムーズでした。
「インターネットからテンプレートをダウンロードして文書(年賀状・賞状など)を
作れるということを初めて知り、驚きでした。」との声もありました。

スタッフからの声:2日間あるので、1日目にご自分のPCのOSの確認の操作方法を
事前にお知らせして、次の日に臨めるように配慮した方が良いではないか。
(セキュリティの説明の時)アドレスバーに入力の際は
「ドット」の位置をはっきり確認する。
オフラインの表示されたPCがあり、ファイルメニューのオフラインのチェックを外す。
キューブネット表示のPCがありました。
今回は印刷をしなかったので、気持ちに余裕を持てました。
(報告:N)


「パソコンを快適に使おう」
参加者:18名、スタッフ:メイン1名、サブ5名

1日目 講座のスタートからプロジェクターの映像が表示できず、
    センター職員の方の協力で画面表示が出来たのは開始から30分後でした。
    今回の講座は参加者の年齢層が高いためか、新規作成したフォルダーのなかに
    フォルダーを作成しコピーや移動の理解を得られない方が多くいました。
2日目 インストールした削除の方法やエラーチェックのやり方。
    エラーチェックは、前後2台のPCでデモをして
    受講者に画面をみてもらうことによって理解してもらいました。
    次回からUSBの使用方法もPCを使ったデモで講座を進めてはと、
    スタッフからの提案がありました。
    今回は講座終了間際に質問者が多く質問に対して時間の取り方が
    課題になりました。
(報告:H)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itsiennetaomori

Author:itsiennetaomori
青森市を中心に、特にシニア層の情報格差解消およびITを通じての社会参加を目的として講座などの活動を行っています。
平成17年12月NPO法人として発足