記事一覧

チャレンジPC講座「デジカメ写真を活用しよう!」

どうも管理人です。
リアルタイムで講座報告を更新できませんで
申し訳ありませんがゆるゆるとおつきあいくださいませ。

日時:9月9日(金)10:00~15:00
受講者数:13名キャンセル1名
講師:メイン1名,サブ2名,見学3名

内容:午前「デジカメの写真ファイルをPCへ保存しよう」
       ・デジカメとPCの接続方法
       ・カメラからPCへデータを転送
       ・「画像とFAXビューア」で写真を表示
       ・「画像とFAXビューア」から印刷
       上記の手順で各自L判写真を1枚作成
       Windows7用のテキスト配布

       午後「写真の活用(ワードで写真編集)」
       ・写真貼り付け
       ・図の編集機能
       A4の用紙に編集印刷

受講者は2回目という方も数名いてスムーズに進みました。
アンケートに「用語の意味が理解できないのが時々あった」
と記入されていました。
スタッフ・見学のみなさんお疲れ様でした。
(報告者:S)

パソコンの用語、特にカタカナ語になると
取っつきにくいものがいろいろありますね。
コピー&ペーストのペーストって何?とか
フォルダをダブルクリックして中のファイルをドラッグとか
初心者にはこれはまったく通じないです。
「オートシェイプ」が「図形」になったら通りがよくなる訳でもない。

こういう操作をするとどうなるとか、
こういう機能を使うとこんなことができるということを覚えておいて
いざやりたいときにその機能を思い出すためのキーワード。
講座テキストの中で説明してもなかなか伝わりにくいです。
まあ、テキストを読んでわかれば講師は要らないですが。

で、それは当然のこととして
あとはサポートするスタッフがいかにかみ砕いて伝えられるか。
でもそれは絶えず説明して操作をやらせるということではなく、
初心者が困難に挑戦する気持ちを尊重した上で
躓きそうになったときに支えようとする姿勢をもってサポートする、
ここに私たちの活動の根本があります。

私たちも困難を恐れず、今日がうまくいかなかったら
次はもっとうまくできるようにお互いに考えてよくしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itsiennetaomori

Author:itsiennetaomori
青森市を中心に、特にシニア層の情報格差解消およびITを通じての社会参加を目的として講座などの活動を行っています。
平成17年12月NPO法人として発足