記事一覧

はじめよう!デジカメ「3月20日」

青森市中央市民センターにて
デジカメ講座を開催しました。

参加者は14名(欠席4名、内3名当日キャンセル)と
応募倍率が高いのに残念な欠席です。

今回は最初からウィンドウ操作とフォルダ作成。
二つのフォルダウィンドウを並べる為に
サイズ変更やタイトルバードラッグなどを確認。
休み時間前に写真撮影。
デジカメの基本説明はカットしました。

2時間目、パソコンへ接続、取り込み。
今回は皆さんほとんどケーブル持ってきてたので
接続自体はスムーズでしたが、
一部接続時にフォルダを開く操作が表示されず。

カメラの機種固有の操作だけ表示されるみたいなので
PCへ取り込みウィザードみたいなものを選んで何とか対応。
その他の皆さんはファイルをctrl+クリックしドラッグでコピー。
写真を閲覧、1枚選んで印刷。

プリンタが遅いので、印刷ウィザードの印刷実行手前で
皆さんお昼休みに。スタッフが昼休みに印刷しました。

3時間目、ワードで写真貼り付け、テキストボックス作成。
一度説明してから自分で操作する際、テキストの折り返しを忘れて、
写真のサイズは小さくなっても移動できない事があったり。
休憩前に名前をつけて保存し、ワードを終了。

4時間目、ファイルを開いて編集再開、印刷。
余った時間におさらいがてらマイピクチャにフォルダを作成、
PC内でのファイル移動をドラッグで行いました。

皆さんあまりデジカメの付属品について見てないようで
専用ソフトを使う事や説明書をみる事をお勧めしました。
皆さん苦笑してましたが。

また、写真ファイルをPCに保存する事に対して、
メモリーカードが安くなっているのでカードに保存した方が
写真屋でプリントもできるのでいいのではとご意見もいただき
なかなか考えさせられました。

デジタルデータの保存は今のところ正解がないので
CD(DVD)-R、ハードディスク、メモリーカード(USBメモリ)など
使いやすさと寿命の兼ね合いを考えて選ぶ必要があるでしょう。
そこまでは話する事ができなかったので、
今後の講座では内容を再構築していければと思います。

最後なりましたがスタッフの皆さんお疲れ様でした。

以上、報告を終わります。

担当講師:M
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itsiennetaomori

Author:itsiennetaomori
青森市を中心に、特にシニア層の情報格差解消およびITを通じての社会参加を目的として講座などの活動を行っています。
平成17年12月NPO法人として発足